生活習慣病に効果的な対策とは?

Just another WordPress site

生活習慣病とは?

生活習慣病とは、毎日のよくない生活習慣の積み重ねによって、引き起こされる病気のことを指します。原因は喫煙・運動不足・ストレス・暴飲暴食・偏食などです。

生活習慣病が原因で亡くなる人は、日本人の約3分の2と言われています。その数の多さに驚きです。

代表的な病名は、糖尿病・脳卒中・心臓病・脂質異常症・高血圧・肥満などです。これらの病気は、単独でも恐ろしいですが、重複すると命に関わる危険性が増すので、注意が必要です。

では生活習慣病にかかると、身体にどのような変化が現れるのでしょうか。生活習慣病は、動脈硬化をもたらします。

硬くなった動脈は弾力性を失います。
弾力性を失った血管は血液の流れが悪くなります。その結果、重症になると、血管がつまって塞がってしまうのです。

生活習慣病の恐ろしい所は、自覚症状が殆ど無いまま、体内で動脈硬化が進行する所です。そのまま病気に気付かず治療せずにいると、ある日突然、心筋梗塞や脳梗塞が起こり、命を落とすことになりかねません。

生活習慣病を改善するにはまずダイエットで体重を落とす事が先決なんです。

その中で健康的に痩せられるダイエット方法が酵素ダイエットです。

その他二日酔い解消方法としても効果があると言われています!

 

生活習慣病検診の検査項目は?

生活習慣病予防健診の検査項目は、健診機関により多少異なります。

検査項目の一例としては、

<一般検診>
・問診
・触診
・胸聴診
・身体計測(身長、体重(標準体重、BMI))
・視力(左・右(遠見視力検査))
・聴力(左・右(オージオメータ1,000Hz+4,000Hz) )
・血圧測定(坐位(最高血圧、最低血圧))
・尿検査(糖、蛋白、潜血)
・糞便検査(免疫便潜血反応検査(2日法))
・胸部レントゲン検査(直接撮影(大角1枚))
・胃部レントゲン検査( 直接撮影(四つ切7枚) )
・心電図(12誘導)
・生化学検査(GOT、GPT、γ-GTP、総コレステロール、HDL-コレステロール、TG (中性脂肪)、空腹時血糖)
・血液学的検査(RBC (赤血球数)、WBC (白血球数)、Ht (ヘマトクリット)、Hb (血色素量)、血小板数、MCV、MCH、MCHC)

これらの検査項目が挙げられます。

他に、付加検診として検査項目を追加することも可能です。

<付加検診>
・尿検査( 尿沈渣顕微鏡検査 )
・血液学検査( 血小板数、末梢血液像 )
・生化学検査(総蛋白、アルブミン、総ビリルビン、アミラーゼ、LDH)
・眼底検査(左・右(眼底カメラ))
・肺機能検査(フローボリュームカーブ(努力肺活量、1秒量、1秒率))
・腹部超音波検査(断層撮影法、Bスコープ(肝臓、胆のう、腎臓))

生活習慣病予防検診と人間ドックの違いって何?

生活習慣病予防健診とは、全国健康保険協会が、健康保険に加入している事業所の被保険者と被扶養者の健康保持増進を目的に実施している健康診断のことです。

このうち、40歳以上の人に対する生活習慣病予防健診は、特定健康診査を兼ねています。

生活習慣病予防健診により、メタボリックシンドロームのリスクがある、または生活習慣の改善が必要であると判断された場合には、その人に合った適切な保健指導が行われます。

一方、人間ドックは生活習慣病予防健診に比べて検査項目が多く、腹部超音波検査や内視鏡検査、眼底検査などが含まれています。

以前は1日ドックや2日ドックも行われましたが、近年は検査法や診断機器の進歩に伴い、日帰りドックや半日ドックも可能になりました。入院する人間ドックから、短時間で効率的な総合健診へと変化しています。

また健康保険組合の財政状況悪化に伴い、2日ドックを1日ドックにしたり、日帰りドックの検査項目を減らす所も増えています。

生活習慣病を改善するには運動が必要!

生活習慣病を改善するには、無理のない全身運動を続けることです。

運動を続けることで、

1.中性脂肪が分解され、善玉コレステロールを生産しやすくなる
2.基礎代謝があがり、肥満が減少する
3.インスリンの働きがよくなり、ブドウ糖代謝が改善される
4.運動によるストレス解消ができる

など、生活習慣病の改善にとって、よい効果が期待できるからです。

生活習慣病の運動療法に決まったものはありません。

基本は軽い運動を毎日続けることです。

ウォーキングや水泳など、全身運動は生活習慣病の改善に効果的です。運動の強度は軽く息が上がる位が目安です。

一方、ウエイトトレーニングのように瞬発力を発揮するスポーツは運動療法には不向きとされています。

運動をする時間がない人でも、基礎代謝を上げ、消費エネルギーを増やすことを意識してみましょう。例えば、階段の上り下りを増やす、通勤電車で座らない、昼休みに会社の周りを散歩するなどで良いのです。自分にあう簡単な運動を積み重ねることが大切です。

しかし、急に運動をはじめると、ケガをしたり、長続きしないことがあります。あくまでも健康のための運動ですので、無理をせずじっくり続けて行きましょう。

生活習慣病の原因になる食生活とは?

生活習慣病の原因では、食生活の乱れが最も多いことが知られています。

現代ではあらゆる食べ物が手に入ります。外食や加工食品、惣菜も種類が豊富です。

コンビニで24時間いつでも買い物できたり、深夜でも飲食店が開いているので、好きな時間に好きなだけ食べることができます。当然、食事の時間も不規則になりがちです。

とくに夜食は肥満に繋がるだけでなく、体内時計を狂わせ、寝起きが悪くなる弊害もありますので、控えるようにしましょう。

また、ファストフード店の拡大も見逃せません。食生活の欧米化が進んだ結果、現代の日本では肥満が増加しました。さらに偏食の問題もあります。栄養バランスを無視した外食が続くと、知らず知らずのうちに栄養が偏ってしまいます。

若い女性のダイエットにも問題があります。痩せ型の女性まで、自分は太っていると思い込み、ダイエットをする傾向があり、栄養不足が懸念されます。過度なダイエットが原因で拒食症や過食症などの摂食障害になることもあり、注意が必要です。

生活習慣病の予防対策で効果的なのは?

生活習慣病の多くは、不健康な生活などの積み重ねによって内臓脂肪型肥満となり、引き起こされるものです。

しかし、この原因の多くは、私たちが日常生活の中で適度な運動、バランスの取れた食生活を実践することによって、予防することができると考えられています。生活習慣病予防のために日常生活で何に取り組めばよいかを考えていきましょう。

1.適度な運動

自分の身体能力を十分に考慮して、無理しすぎず、軽い運動を行うように心がけてください。毎日少しずつでも、継続することが大切です。仕事が忙しく、ジムなどに通うのが難しいという人は、自宅でできる簡単なエクササイズが効果的です。DVDやトレーニング本、グッズなどたくさん販売されています。自分の身体の状況やライフスタイルに合った適度な運動を行いましょう。

2.バランスの取れた食生活

現代人の多くは食べ過ぎ・飲み過ぎの食生活を送っているといわれています。食事は3食バランス良く、和食中心のカロリーを抑えた食生活を送るようにしてください。高カロリーなものや脂っこいものは避けましょう。野菜中心の食生活を送ることで、たくさん食べて満腹感も得られるようになります。食生活を変えることで、体質改善も期待できます。

 

 

生活習慣病には緑黄色野菜が効果的!?

にんじん、ほうれん草、トマト、きゅうりなど、色鮮やかな野菜が緑黄色野菜です。

緑黄色野菜が生活習慣病に効果的なことが知られています。

現代の日本人は、野菜の摂取量が少ないと言われています。

野菜の摂取目安量よりも、100g程度少なくしか摂取していない人が多いそうです。

その上、生活習慣病にかかる人は増えています。

生活習慣病は、生活習慣に原因がある病気の事を指します。緑黄色野菜を摂ることで防ぐことができると言われています。

緑黄色野菜は、ビタミン、食物繊維、ミネラル、カリウム、鉄分といった栄養素が豊富に含まれています。その量は、淡色野菜の倍以上とも言われています。緑黄色野菜は、効率的に栄養素を摂ることができるのです。

これらの栄養素には、生活習慣病を防ぐ働きがあります。食物繊維は血糖値を下げるなどの効果があるのです。

生活習慣病を防ぐためには、緑黄色野菜がおすすめです。毎日の食事に取り入れて、積極的に摂るようにしましょう。

小児生活習慣病とは?

子どもの生活習慣病のことを「小児生活習慣病」といいます。

生活習慣病は大人だけの病気ではなく、子どもの患者も増加傾向になり、低年齢化が問題視されています。

生活習慣病は長期間の生活習慣が原因で発症する病気ですが、小児生活習慣病の場合は、小さい頃から甘いものをたくさん食べたり、夜更かしや運動不足などで不健康な生活を送っていることが原因です。

このような生活が続くと、大人と同様に、高血圧・肥満・心筋梗塞・高脂血症・糖尿病などになる恐れがあります。

特に懸念されているのが肥満です。

現代の子どもたちは飽食の時代に育っており、なおかつ食の欧米化の影響で高カロリー・高脂肪の食べ物を摂る機会も多いのです。甘いジュースやスナック菓子も手に入りやすく、昔に比べて太りやすい生活環境にあるといえます。

そして、最も深刻な問題は運動不足です。現代社会は交通網の発達に加えて、子どもの遊びも屋外から屋内のテレビゲームなどにシフトしています。何も対処をせずにいると、大人になる頃にはさらに症状が悪化してしまいます。

小児生活習慣病には運動や食事の改善が効果的です。できることから取り組みましょう。

三大生活習慣病とは?

生活習慣病の中でも、多くの人がかかり、命に関わる病気が3つあります。これが三大生活習慣病です。

「がん」「心臓病」「脳卒中」です。これら3つの病気が日本人の死因の約6割を占めており、三大死因とも言われています。

がんとは、細胞が傷つき、がん細胞に変化して、転移したり増殖する病気です。原因として、発がん性物質・放射線・喫煙などが挙げられます。

現代の日本は生活習慣の欧米化に伴い、昔は少なかった肺がん・乳がん・大腸がん・前立腺がんなどが増加傾向にあります。

心臓病と脳卒中は循環器病と呼ばれており、全身の血管や心臓に起こる病気です。その原因は動脈硬化と考えられています。

血液には生活習慣が反映されます。よく健康な人の血を「サラサラ」、そうでない人を「ドロドロ」と表現しますね。

血液は、血糖やコレスレロール値、ストレス、疲労、食生活の乱れなど様々が原因で、ドロドロになり、流れが悪くなるようにできているのです。

流れが悪くなった血液によって血管が詰まったり傷められたりして、動脈硬化が引き起こされます。動脈硬化が心臓で起これば心臓病、脳で起これば脳卒中になります。

どの病気も生活習慣を改善することで、予防したり進行を遅らせることができます。

三大生活習慣病を防ぐ事ができるのはやはりダイエットです。

七大生活習慣病とは?

七大生活習慣病とは、以下のものを指します。総じて日本人がかかることが多い病気です。

・がん(悪性新生物)
・心疾患
・脳血管疾患
・糖尿病
・高血圧性疾患
・慢性腎不全
・肝硬変

日本人の3大死亡原因であるがん(悪性新生物)・心疾患・脳血管疾患(脳卒中)に加えて、糖尿病・高血圧性疾患・慢性腎不全・肝硬変を併せて七大生活習慣病と呼んでいます。

もともと成人病と呼ばれていたのですが、主に生活習慣が病気を引き起こす原因となるため、生活習慣病と呼ばれるようになりました。

糖尿病や高血圧などはよく聞く病名のため、健康診断などで指摘されても軽く捉えがちですが、重くなると命に関わりますし、病気が重複するとさらにその危険性が高まります。

入院患者の3人に1人が七大生活習慣病で入院しているとも言われており、七大生活習慣病を手厚く保障するタイプの医療保険も数多くのものが販売されています。

このことからも、現代人が避けて通れない病気とも言えます。

ホスティング